CUSTOMR’S VOICE CLICK

CUSTOMR’S VOICE

お客様の声

株式会社N・Sプラス
代表取締役社長

中村 智

パートナー事業部
本部長

吉田 一之

明治通り税理士法人さんと

一緒に、日本製造業

もっともっとるくしたい!

たった一度の人生、脱サラして起業、独立したかった!

―早速ですが、N・Sプラス様の事業内容を
ご紹介いただけますでしょうか。

中村智氏(以降中村):

N・Sプラスは産業機械の販売を行っております。独立して7年くらいでしょうか。それまではサラリーマンをやっていたんですけど。

吉田一之(以降吉田):

独立されようと思った、きっかけとか教えていただけますか?

中村:

会社で働いてると、「これ自分でもできるんじゃないか?」って感覚ないですか?
働いているうちに身についたノウハウとかコネとかを活かして、一度自分で会社を経営したくなったんです。
吉田さんも独立したいって気持ち起きない?

吉田:

いえいえ、そんな気持ち一切ないですよ。明治通り税理士法人で働くことが生きがいですから。事務所の規模もどんどん大きくなっていきますし、それに・・・・・

中村:

ごめんなさい、さっきのは冗談ですよ。ただこう、
「男だったら一度は」みたいなそういうニュアンスが
伝わってもらえたらなと思ってね。
吉田さんが明税さん辞めたらこちらも困ってしまいますし(笑)。
税理士法人に会計事務所を変更して1年、これからももっといいお付き合いを
させていただきたいですしね。

税理士法人との、「いい関係」ってなんなんでしょうね・・・・・

吉田:

前の税理士法人から事務所を変更して、1年。中村さんからは明治通り税理士法人はどういう法人に見えますか?

中村:

クラウド会計のfreeeの導入も支援してくれましたし、積極的に提案もしてくださりますし、いつも助かってます。うちだと経理の仕事は家内がやってるから、家内からも聞いてみますか。明税さんの印象を。

吉田:

ぜひお願いします!

社長夫人:

明治通り税理士法人さんにはいつも
お世話になってます。
前まで他社の会計ソフトを使ってたんですけど、freeeさんに変えて。まだ変えたばかりなので操作に慣れないところもありますけど、使いこなすときっとやりやすいんだろうなと思って日々、ポチポチといじりってます。

吉田:

freeeは使いやすいんですけど、既存の会計ソフトと根本的に違う部分もあるので、違うソフトに慣れていると逆に最初は使いづらいと思います。

社長夫人:

今のその話も、導入の際にきちんとお伝えいただいていたので助かりました。
こういうリスクになりうる点をきちんとお話ししてくれるから、信頼できるなって思えるんだと思います。

吉田:

そう言っていただけますと光栄です・・・・・。

社長夫人:

前の税理士さんも良かったんですけど、明税さんとは全然違うタイプだったわよね。

中村:

そうだな。
確かにタイプで行ったら全然違うタイプかも。

吉田:

差し支えなければ、以前の税理士法人のお話を聞いてもよろしいですか?

中村:

前までは言うならば昔ながらの税理士事務所って感じですね。
言いたいことをつつみ隠さず話せ、信頼に基づいて関係性を作っていくような。面と向かって話してね。
でも、それも事務所の中の担当の方によるかな。
いい先生だとコミュニケーションも取りやすいんですけど、担当の方がコロコロ変わってしまったのが良くなかったな。

吉田:

会計事務所の変更理由の一つに、「担当のスタッフと気が合わない」というのがあげられますが・・・・・・

中村:

気が合わない程度だと、まあ仕方ないくらいに思えるんですけど、コロコロ変わるのに嫌気が差しちゃってね。また新しい人にうちの会社のことを知ってもらわなきゃいけないんだと思うとちょっと面倒で・・・・・・。

吉田:

事務所の規模があまり大きくない場合や、社員の入社・退社が激しかったりする場合ですと担当が良く変わる、という話は聞いたことがあります。お忙しいお時間を割いて頂いて打ち合わせをさせていただいているのに、担当が変わるたびに一から事業内容を知ってもらうのは、確かに嫌気が差すかも・・・・・。

中村:

そう、信頼関係がなかなか築きにくいですよね。そういう事もあって家内が税理士を見直そうと提案してくれたんです。

社長夫人:

前までは同じ年代の税理士の方でしたので、今度は視線や物の考え方が違う若い世代の先生のところにお願いしようと思いまして、それで明治通り税理士法人さんにお世話になることに決めました。代表の阿部先生も40代前半ですものね。

吉田:

確かにうちの法人は、業界の中でもかなり若い部類に入ると思います。
先ほどおっしゃった代表の阿部をはじめ代表社員全員も40代前半ですし、20代のスタッフも多く、みんな元気有り余ってますね。わきあいあいと、時にはうるさすぎるときもありますが(笑)。

社長夫人:

いつか明税さんの事務所に行ってみたいです。先生たちの仕事場をのぞいてみたいです。

吉田:

是非いつでもいらしてください!

中村:

freeeを使うようになってからは経理情報をいつでも共有させていただいているので、電話やメールとかで用事が済んでしまうんですけど、それでもこう顔を合わせてお話しさせていただくと安心します。
そんな安心のためとかで、先生のお時間を頂いても問題ないですか?

吉田:

全く問題ございません。
ぜひ今後ともよろしくお願い致します!

株式会社N・Sプラス

サラリーマン時代に培ったマーケティングの観点を経営に活かす社長と、経理業務・管理業務で社長を支える社長夫人が二人三脚で経営される製造機械・器具商社。お客様一人ひとりの視点で常に物事を考え、いつまでも愛される商品、製品を提供し続けることをモットーとしている。